●ようこそ、レイキの世界へ! 「レイキを知りたい!」 「深めたい!」 みんなのための、NPO情報提供サイト   http://www.reiki.or.jp/

 レイキの  > P2:レイキの現状と、これからの課題
    【レイキの歴史 もくじ】 ●文字をクリックできます!
・P1 レイキの歴史
・P2 レイキの現状と、これからの課題
・P3 レイキ伝達の系譜図
・P4 臼井甕男氏について


P2
レイキの現状と、
これからの課題

(このページの内容)

・レイキの現状
・これからの課題
【レイキの現状】

第二次大戦の敗戦を期に、約50年近くの間、レイキ療法は
日本国内と欧米で全く正反対の動きを見せました。

  ・日本国内では1940年代より一気に衰退、
   「レイキ」という言葉すら消滅しかけます。

  ・逆に欧米では、ハワイの高田はわよさんの精力的普及活動により、
   信じられないほどの社会的知名を得て大きく発展します。

こうして、90年代より再びレイキは日本に戻ってきました。
(海外からやってきたために、Reiki と書かれたり、
まるで外国語のごとくカタカナ表記で「レイキ」と表現されているのです。)
これが、『西洋式レイキ』『ウスイレイキ』です。

(戦後、日本国内に残ったラインと区別するためだけに、
便宜上『西洋式』と呼んでいます。)


現在、欧米からの逆輸入によって再び国内で息を吹き返したレイキ。
日本人が「もともとは日本発祥のものである」と知って、
逆に驚いたりしている状況です。

事実、多くの日本人が、「レイキ」という言葉をまだまだ耳にしておらず、
日本国内での本格普及はようやっとスタートしたばかり、といった段階です。


ちなみに今、海外旅行先などで「日本人だ」と名乗ると、
レイキについて訊かれる機会が増えているかと思います。
また、5つ星クラス以上の一流ホテルでは、あたり前のようにして
エステサロンの中にレイキヒーリングメニューが存在します。
欧米では駅前に、ごくあたり前にレイキクリニックが存在します。
そして、現地の人々から気軽に活用されています。


『古い日本伝統文化のひとつ』である、レイキ。
中国気功は、中国の伝統文化としてこんなにも有名ですが、
日本にも伝統文化の一つ・レイキ療法の古い歴史があるのです。

しかも、現在世界を見回してみれば、
『世界各国でここまで多くの実践者、愛好者を持つ
日本伝統文化は他にはない!』という事にも
お気付きになるかと思います。

      

◆補足:
日本伝統式レイキと西洋式レイキ。
両者にはそれぞれに素晴しい個性・特色があります。
そしていずれも多くの方から愛され、活用されています。

優劣やどちらが正しいかを追求する事は無意味です。
【これからの課題】

レイキについての今後の課題もいくつか見え始めています。


@ もともとの日本伝統式レイキのメソッドから、残り半分がそげおちて
  広まっている

   (レイキ=ヒーリング として世界中で広まっている。)
   (せっかくの日本発祥文化なので、失われた真髄部分も同時に広められれば
   さらに理想的です。)

A レイキ療法の技能を指導できるだけの実力を持つ師範(レイキマスター)が、
  国内には非常に稀少である


B 日本国内では、レイキのアチューンメントのみを行なっているレイキマスターも
  少なからず存在する

  (例えるなら、ペーパードライバーが自動車教習所の教官を務めている状況)

C 師範(レイキマスター)のプロ意識が低く、
  セクハラ行為や医師法に触れる発言から時折問題が発生。

  (例:「末期ガンでも必ず治る」と言い、多額のヒーリング料金を取り、訴訟問題に
  発展するなど)

  (※ このC番のケースは、全国でも稀でほとんど事例がありませんが、
  レイキ関係者はプロ意識を高く持ち、軽率な行為と発言について
  自らを律していきましょう。)


(この『レイキ辞典』ウェブサイトが、ささやかながら上記@〜C番の課題をクリア
していくために、世界のレイキ仲間のかたがたから活用され、役立てたならば、
これ以上に嬉しい事はありません。その目的でこのサイトを作成いたしました。)




【レイキ辞典 もくじ】 ●文字をクリックできます!
 
・レイキを知る
・レイキを学ぶ
・もっと使いこなす
・さらに極める

・レイキの歴史
・レイキ用語辞典(50音順)
・レイキQ&A
・当協会へのリンクについて

・レイキ最新ニュース/レポート
・レイキお役立ち教材ツール

・国内外のレイキマスターリンク集

・法人概要
・NPO法人とは?
・マスコミ掲載/取材について
・お問い合わせ


禁・無断引用・無断転載  “レイキ辞典” presented by NPO法人 日本レイキ協会