●ようこそ、レイキの世界へ! 「レイキを知りたい!」 「深めたい!」 みんなのための、NPO情報提供サイト   http://www.reiki.or.jp/

 レイキ用語典(50音順) > P5:な行〜は行
    【レイキ用語辞典 もくじ】 ●文字をクリックできます!
・P1 あ行
・P2 か行

・P3 さ行
・P4 た行
・P5 な行 は行
・P6 ま行 や行
・P7 ら行 わ行



【な行】
【撫手治療法(なでて・ちりょう・ほう】
日本伝統式レイキ療法のぎ法のひとつ。

【念達法(ねんたつ・ほう】

日本伝統式の、レイキ療法の技法のひとつ。
『性癖治療法(せいへきちりょうほう)』とも呼ばれる。
くせを直す時に活用。
続けて長時間行なうより、短い時間(10分程度)を頻繁に行なうほうが効果的。

【は行】
【バーバラ・レイ】
西洋式レイキマスター。アメリカ人。ラディアンス・テクニーク主宰。
高田さんの弟子のひとり。
(臼井氏→林氏→高田さん→バーバラ・レイさんへ継承。)

現在、欧米を中心とした世界各国で数百万人ものレイキマスターや
プラクティショナーが誕生するきっかけを作った功労者。


【発霊法(はつれいほう)】
日本伝統式レイキの、自己鍛錬法。
乾浴〜浄心呼吸法〜合掌呼吸法〜瞑想〜黙念までの一連の流れのこと。


【波動(はどう)】
エネルギー。
エネルギーの波、動き、バイブレーションのこと。


【波動共鳴(はどう・きょうめい)】
2つ(またはそれ以上)のエネルギーの波動が共鳴すること。

(たとえば、波線のグラフを思い浮かべてみて下さい。
波動共鳴が起こった時には、2つの波線が完全に重なり合った状態といえます。)

(※音叉は、波動共鳴の原理によって鳴りますね。)


【波動調整(はどう・ちょうせい)】
エネルギーを調整すること。バイブレーションを整えること。

レイキ療法でこの言葉を使う時には、
エネルギーに乱れや不具合がある箇所、あるいはエネルギーが停滞していたり
流れにくく滞りがある箇所に向けてレイキエネルギーを流すことを指す。
レイキエネルギー本来の調和の取れた波動を患部に向けて流し、
共振・共鳴させる事によって、不具合を元に戻す作業(技法)。

(アチューンメントの際や、レイキ療法の際に波動調整を行ないます。)


林 忠次郎(はやし・ちゅうじろう)】
日本伝統式レイキマスターであり、臼井氏の弟子の一人。
海軍大佐であり、軍医であったと言われている。(故人。1880〜1940)

1925年、臼井氏の依頼を受けて『霊気療法』(ヒーリング)について研究する会、
林霊気研究会を東京・信濃町に設立。
1932年、臼井霊気療法学会を離れ、独立。
9年間に13名のレイキ実践者及び師範を育成。
1940年5月、熱海にて急逝。享年62歳。

それまでの座った姿勢で頭部を中心にヒーリングするスタイルを取っていた
日本伝統式レイキ療法に改良を加え、林式基本12ポジションを完成させる。
第二次世界大戦中、ハワイで高田はわよさんに神秘伝(師範研修)を行なう。
これがきっかけで戦後欧米を中心に『西洋式レイキ』として大きく広がり、
全世界で数百万人のレイキ人口を生み出した。


林霊気研究会(はやし・れいき・けんきゅうかい)】
日本伝統式レイキの団体のひとつ。
臼井氏の弟子の一人・林忠次郎氏が1925年に設立した会。
現在は存在しない。


ハンドヒーリング】
患部に手を当て、癒す手法のこと。
代替医療の技法のひとつ。

(レイキに限らず、気功療法、セラピューティック・タッチ、その他全てが
ハンドヒーリングです。)


ひびき】
相手の身体や自分の身体、また患部に手を置いた時に感じる反応。
ビリビリ、チクチク、ひんやり、熱い、風が噴き出している感じなどさまざま。


【病腺(びょうせん)】
相手の身体や自分の身体、また患部に手を置いた時に感じる反応。
独特の違和感、不調和な感覚がある。
(ひびきと病腺の位置は必ずしも一致しない。)


【フィリス・フルモト】
西洋式レイキマスター。アメリカ人。レイキ・アライアンス主宰。
高田さんの孫にあたり、弟子のひとりでもある。
(臼井氏→林氏→高田さん→フィリス・フルモトさんへ継承。)

現在、欧米を中心とした世界各国で数百万人ものレイキマスターや
プラクティショナーが誕生するきっかけを作った功労者。


【フランク・アジャバ・ペッター】
西洋式レイキマスター。ドイツ人。
1993年より、西洋式レイキの指導伝授を開始。
日本に最も早く西洋式レイキを紹介したレイキマスターのひとり。


【フリー・ライン】
西洋式レイキの中で、誰からどうアチューンメントを受けたのかが不明な
レイキマスター、レイキプラクティショナーのこと。

(※ただし80年代、欧米各国ではこのフリーラインで学んだ人たちの功労により、
臼井式レイキ療法がここまで広がりを見せる結果に繋がりました。)


【へそ治療法】
日本伝統式レイキの技法のひとつ。


【ヴォルテックス】
望月俊孝氏によって設立された、臼井式レイキの主たる組織のひとつ。
西洋式レイキを継承、指導。

日本国内最大数のレイキプラクティショナーを生み出す、最大手団体。
1993年より全国各地でレイキ講習を精力的に開催。

(※西洋式レイキは90年代に海外より再び日本に逆輸入の形で再上陸。
現在、国内で活躍するレイキマスターやプラクティショナーの多くは、
ヴォルテックスより輩出。)




【レイキ辞典 もくじ】 ●文字をクリックできます!
 
・レイキを知る
・レイキを学ぶ
・もっと使いこなす
・さらに極める

・レイキの歴史
・レイキ用語辞典(50音順)
・レイキQ&A
・当協会へのリンクについて

・レイキ最新ニュース/レポート
・レイキお役立ち教材ツール

・国内外のレイキマスターリンク集

・法人概要
・NPO法人とは?
・マスコミ掲載/取材について
・お問い合わせ


禁・無断引用・無断転載  “レイキ辞典” presented by NPO法人 日本レイキ協会