レイキをとは?
レイキっていろんな種類があるの?
レイキの11特徴
臼井式レイキにはさまざまな流派があります
ティーチャー選びのめやす

1誰でも使えるようになる

誰でもファーストディグリー・アチューンメントを受けることにより、レイキの回路が開かれ、自己または他者をヒーリングできるようになる。

レイキ療法は、自分のエネルギーを一切使うことなく宇宙エネルギーを中継するパイプ役に徹する技法であるため、あなたの身体状態(持病)や能力とは無関係に活用できる。

 

2ヒーリング能力は一生涯失われない

ひとたびファーストディグリー・アチューンメントを受ければ、気を練る(自力を鍛える)ための特別なトレーニングや日々の修業・鍛錬は不要であり、その能力は完全に消え去る事はない。

 

3レイキ療法(ヒーリング)を行なう際には、意識の集中は必要ない

手当てを行なう際、「自分の力で相手を治そう、痛みをとろう、つらい気持ちを癒してあげよう」と思う必要はない。

他のエネルギー療法の中には、自分のエネルギーを意識的に活用する技術のものもあるが、レイキ療法ではこれは行なわない。

 

4他者のネガティブなエネルギーを受けにくいため、レイキ療法(ヒーリング)を行なっても疲れない

「ヒーリングを行なうと疲れる」というかたは、他者からネガティブなエネルギーを受けてしまっている可能性があります。

これは無意識的な優しさや同情心から、相手の不調和な波動と自動共鳴したために起こる現象です。

つまり原因は相手の不調和にあるのではなく、「自らが同調しにいっている」のだという自覚を持つ事により共鳴を回避できるようになります。

 

5ヒーリング能力は、使えば使うほどパワーアップする

レイキの能力とは、自分自身がクリアな太いパイプ役になるほど強まるそのため、初心者のうちはエネルギーをさらに滞りなく中継・通過させるために手当て実践や自己鍛錬を積むことが有効である。

 

6レイキについて信じない人にも必要なエネルギーが流れる

このため、動植物、飲食物等にも同様に機能する物質全般や場の浄化にも効果的。

 

7レイキは他の療法との相性がよく、相乗効果を生む
(整体、指圧、マッサージ、瞑想等)

ボディワーカー、医療従事者は自ら学んだ技法にレイキ・エネルギーを加える事により、さらに効果を高めることができる自分の学んできた技術とレイキをいかに信頼できるか、「自分の力で治す」という意識を手放しゆだねられるか。鍵は無心で施術や治療を行なう事である。

 

8レイキのエネルギーは、4つのレベルに同時に働きかけ、癒す
(肉体的・精神的・感情的・霊的)

信仰システムではないので、信仰と必要としない。

また他の信仰を邪魔しないので、現在信仰をお持ちの方でも問題なく活用できます

 

9レイキ療法の効果は、具体的である
(特に疾患、痛み、切り傷、やけど、出血等、外傷的なものについて)

※この9番に関しては、効果を大きく謳うと医師法に違反する事となります。ご注意下さい。

 

10時間空間を越えてヒーリングが行なえる

(※遠隔療法は中級講習/セカンドディグリーで習得できます)

 

11あなたの素晴らしい本質を開花させる

レイキ療法は、自己向上、自己実現に有効であるレイキ療法の実践を通じ、気付きと目覚めが促され、その結果人格や品格の向上、内的成長に繋がっていき、レイキ・エネルギーの特質である『愛』『調和』『癒し』を人生で具現化する人となる。

(※上級講習/サード・ディグリーで学ぶ内容です)

イメージ画像
イメージ画像

臼井式レイキの特徴は、次の5つです

1臼井先生を創始者としていること

2ヒーリング能力は、伝授(レイキ・アチューンメント)によること

3ある段階でシンボルを取り入れていること

4アチューンメントは対面で(遠隔でのアチューンメントは行なわない、)
アチューンメント後のフォロー体制があること

5手当療法は入り口であり、精神性の向上と安心立命を真髄・目的としていること

 

※『レイキ辞典』は上記①~⑤に合致しないレイキマスター、ティーチャーを否定・排斥するものではありません。

上記の5項目は、あくまでも『もともとの臼井式(日本伝統式)レイキ療法の基本理念と特徴』として、
めやすにして下さい。

《 重要 》レイキマスター、ウェブサイトをお持ちのかたへ レイキ辞典サイト内の文章の抜粋・引用について
引用をメールで連絡する

レイキを知る
レイキを学ぶ
もっと使いこなす
さらに極める
レイキの歴史
レイキ用語辞典
Q&Aよくある質問
レイキスクール

NPO法人 日本レイキ協会 からのお知らせ

NPO法人日本レイキ協会公式サイトへのリンク
最新スケジュール
LINE@に登録
オンラインショッピング自宅学習用の教材セット
右クリック禁止・テキストのコピーはできません。引用ご希望の場合はご連絡をお願いします。