ひびきやエネルギーを感じたい
手当て療法の技術を身につけたい
西洋式(林式)基本12ポジション
日本伝統式の自己鍛錬方

レイキヒーリングと言えば、世界的に有名なのが、この『西洋式基本12ポジション』です。

臼井氏の弟子である林氏が考案、改良を重ね、『西洋式レイキ』と呼ばれて広く世界中に認知されることとなりました。

その効果効能も、諸外国では非常に高く評価されています。

他者への基本12ポジションのヒーリングは、頭部より始め、前面、背面の順で行ないます。

  • 頭部 1 目の周辺
  • 頭部 2 こめかみから耳の辺り
  • 頭部 3 後頭部(もしくは額と後頭部)
  • 頭部 4 首(喉、甲状腺、頚動脈)

  • 全面 1 肺の上
  • 全面 2 胃の上
  • 全面 3 丹田(腸の上)
  • 全面 4 そけい部(リンパ節)

  • 背面 1 心臓の裏
  • 背面 2 胃の裏
  • 背面 3 腎臓の上(腰)
  • 背面 4 仙骨(尾骨)

一箇所平均2分~5分ほどで次の部位へ移るのが一般的です。

もちろん、相手の望む部位には長めに手を置くなど、時間を自由に加減して差し上げて下さい。

 

ケガや病気、痛み等 緊急を要する場合には、必ずしも基本12ポジションに従う必要はありません。

直接患部へ手を当てて差し上げてください。

他者をヒーリングする時の手順

1施術側のかたは出来るだけ楽な姿勢を取り、リラックスして行なってください。

施術側が緊張しすぎていると、効率よく行なえません。

 

2手当てを施す際には座ってもらうか横になってもらい、まずオーラクレンジングを行いましょう。

その方法は各1回~3回、身体より10cm~30cmほど上の空中をあなたの両手のひらでゆっくり撫でるようにして行ないます。

(※オーラクレンジングは、西洋式レイキのみに存在する技法です。)

 

3その後、相手のかたの身体に手のひらを置いて差し上げて下さい。これだけであなたの手のひらからレイキは流れ始めます。

他者へのレイキイメージ画像

コツと注意点

関節部が特にレイキが流れやすいようですが、内臓部、あるいは疾患部にも手を置いて差し上げて下さい。

もちろん、時折別の場所に手を移すなどしても構いません。

あなたの気が済むまで、または相手の方が心地よくリラックスされるまで、(相手のかたの望まれる箇所にも)手を置き続けて下さい。

(通常、仰向けで頭部から内臓へ10分~30分、うつ伏せで背中へ10分~30分ほどが目安です)

 

※異性の身体に手を置く場合は、必要に応じて手のひらを直接身体に触れずに数cmから数十cm浮かせてかざすなど、必ず常識の範囲内で行ってください。

また、衣服を脱ぐことを強要するような非常識な行為も絶対に行わないで下さい。

 

※特に、整体やカイロ、マッサージや鍼灸指圧など、ボディワークのお仕事に就かれているかたの中には、つい無意識のうちに異性の身体(胸部・臀部・股間部)などにも触れてしまうかたがおられます。

お仕事以外の場でレイキ療法を行う際には、直に手を触れないよう細心の注意を払って下さい。

 

特に胸や内臓付近は呼吸の邪魔をしないよう、ふんわりと羽が載っているような程度に触れます。

体重をかけないように気をつけましょう。

人によっては直接触れられることに抵抗を覚えるかたもおられます。

必ず事前に確認してから行ないましょう。

 

特に胸や局部等 一般的に直接触れるべきでない箇所、相手が抵抗を覚える部位には触れるべきではありません。

必ず常識を逸脱しない範囲で行ないましょう。

(特に医療関係者・治療家のかたへ。レイキヒーリングの場合はデリケートなまでの配慮をお願い致します。)

 

※レイキは医療の代行にはなりません。

医療従事者以外は、決して症状について診断行為を行わないで下さい。

また医師法に抵触するような表現を口にしないで下さい。

(※治る、効く、効果的、良くなる、病名を告げる等、全て医師法違反の表現です)

イメージ画像

うまく行なえているかどうかの判断方法と、さらなる相乗効果について

レイキがうまく流れているかどうかの目安として、施術側であるあなた自身が次第に心地よく穏やかになってくるか、また あなたの身体の凝りがほぐれてきたり眠気を感じたりするかどうか。

ここで判断する事が可能です。

(なぜなら、施術側にもレイキは同時に働きかけるからです。

もしも、レイキ療法がうまく行なえているかどうかに不安を覚える場合には、あなたご自身がまるでヒーリングを受けているような感覚になるかどうか。

ここを目安のひとつとして下さい。)

 

マッサージ、整体、カイロプラクティックなどのボディワークの他、心理療法やカウンセリングなど様々な技法と併用すれば、より一層の効果の発揮が期待できます。

《 重要 》レイキマスター、ウェブサイトをお持ちのかたへ レイキ辞典サイト内の文章の抜粋・引用について
引用をメールで連絡する

レイキを知る
レイキを学ぶ
もっと使いこなす
さらに極める
レイキの歴史
レイキ用語辞典
Q&Aよくある質問
レイキスクール

NPO法人 日本レイキ協会 からのお知らせ

NPO法人日本レイキ協会公式サイトへのリンク
最新スケジュール
LINE@に登録
オンラインショッピング自宅学習用の教材セット
右クリック禁止・テキストのコピーはできません。引用ご希望の場合はご連絡をお願いします。