レイキについて
アチューンメントについて
手当て療法について
ひびき・シンボルについて
遠隔ヒーリング・レイキの効果について
交流会・複数人数のレイキ/海外での普及状況
レイキマスターになるには

各用語をクリックすると説明が表示されます。

A:レイキとは、 エネルギーの1種です。
アインシュタインや湯川秀樹によってその存在が仮定され、早や90年。
光学、素粒子物理学の分野にも登場し、現在、物理学の世界では随分と解明が進んでいます。

レイキとは全ての根源的エネルギー、つまり、地球を含む宇宙全体に偏在する光の粒子であり波(波動)の事です。

日本人はこれを、昔から『レイキ(霊気)』と呼んできました。
また、この同じエネルギーを古来より中国では『気』、インドでは『プラーナ』、ハワイでは『マナ』等の名称で呼んで来ました。

『宇宙エネルギー』と呼ばれることもありますが、特別なものでも怖いものでもありません。
(酸素や窒素のように、我々のすぐ身近な空中にあるとイメージして下さい。)

このエネルギーは無尽蔵であり、これが我々の体内に満ち足りている時、我々の心身はバランスの取れたいいコンディションを保ちます。
レイキの他には、電気製品を動かしている電気、ガス等もエネルギーですね。
携帯電話の電波なども、目に見えないですね。
けれども「なぜ通話できるのか、その原理が理解できないから、恐ろしくて携帯電話を使いたくない」という人はまず居られないかと思います。

他には、あなたの口から取り入れられた食物も、肝臓でグリコーゲンとして蓄えられ、エネルギーに変わります。

人間の身体は、生きている間中エネルギーを放射(発散)しつづけています。
そのエネルギーは、あなたを動かす(つまりあなたの細胞を動かす)原動力となっていますよね。

レイキとはそのような、この地球上(地球を含む宇宙全体)にある様々なエネルギーの中の1つと考えて下さい。
宇宙の中で様々なものを生み出している根本的なエネルギーです。
(なので、『生命エネルギー』とも呼ばれているのです。)
A:いいえ。
特に怪しいものであるとは、当協会は認識しておりません。
また、非常に特別なものとも認識しておりません。

たとえば酸素や窒素をイメージして下さい。
目には見えませんが、確かに存在していますよね。
そしてその事を現代人は知っています。
そのため、目に見えないからと言って誰も怖がりませんし、怪しいもののようには扱いません。

(けれども昔の人にとっては、怪しいものだったんですね・・・。火(炎)についてもそうです。なぜ火が起こるのか、酸素との関係等が解明されていなかった時代には、炎は非常に恐ろしく、なぜ燃え立つのか分からないとても不思議な存在だったのです。)

レイキ(宇宙エネルギー)もまた、同様の感覚で捉えていただければいいかと考えます。

[こちらもあわせてお読みください]
1-1. レイキとは?|レイキとは?
A:「臼井式レイキ」とは、元々は臼井甕男氏を創始者とするレイキ法の事を指していました。
現在あなたが出会う「レイキ」と言えば 十中八九『臼井式』と考えて頂いていいかと思います。

(日本国内に残り継承されてきたもののみを指している言葉ではありません。)

現在全世界には、800万人以上のレイキ実践者がおられます。
この世界中に広まったレイキは、そのほとんどが臼井先生を出発点とした『臼井式レイキ』でしょう。

ただし現在は、オリジナルなエネルギー(ここで言うレイキとは別のエネルギー)を活用したヒーリング法も数多く登場しています。
(そして、そのヒーリング法にも「レイキ」という名前がついている事があります。)

ややこしいですね。
けれども、頭の隅に置いておいて頂ければと思います。

[こちらもあわせてお読みください]
1-2. レイキって色んな種類があるの?|レイキとは?
A:初心者のかた、これからレイキを学んでみようというかたにとっては、このポイントが最も混乱される部分かとお察しします。

臼井式のレイキではない別エネルギーを使ったレイキ療法の場合には、『レイキ』という言葉の前に何らかの名前が付いている場合も多いので、目安にできます。(例:『○×レイキ』等。)

ただし、『○×レイキ』という名称であっても、臼井式レイキを行なっているかたも多々おられます。

ここが、初心者のかたにとっては混乱されるポイントになっているかと思われます。
そして現在、この状況に対する有効な対処法は存在しません。


さらには、「レイキの○倍のパワーがあります」等の表記がある場合も、臼井式レイキではなく別のエネルギーなのだと解釈されていいかと思われます。

(臼井式レイキのエネルギーは、1種類です。1種類しかないのであれば、「○倍のパワーのもの」は存在せず、もしも存在するのであれば、それは別のエネルギーだと考えられるからです。)

(これは、たとえば『従来の酸素の○倍のパワーと性質を持つ酸素』がこの世に存在しないのと同じです。もしも存在するならば、それは酸素ではなく別の名前の物質である、という理屈になります。)


(※「レイキ」とは『気』『エネルギー』を表す日本語ですので、誰が『レイキ』という名称を使おうとも、また臼井式以外のエネルギーを『レイキ』と呼ぼうとも、何ら問題はありません。)

(※当協会は、臼井式以外のレイキと名が付く別エネルギーを否定、誹謗、排斥するものではありません。 レイキ以外のエネルギーの存在をもちろん肯定しており、必要に応じて様々な種類のエネルギーを活用されるかたがおられる事は有用であると考えています。)

(※ ここでは、「臼井式のレイキを学びたいのだけれども、どれが臼井式なのか区別・判別できずに惑う」というかたに向けて解説しました。どうぞこの点をご理解下さいますように。)

[こちらもあわせてお読みください]
1-5. ティーチャー選びのめやす|レイキとは?
A:まず、臼井式レイキには大きく分けて2つの種類があります。

  • 日本伝統式レイキ…日本国内で継承されてきたもの
  • 西洋式レイキ…海外で発展し、90年代に日本へ逆輸入されたもの(「ウスイレイキ」と呼ばれるものも含む)

(なぜ2種類があるのかについては、『レイキの歴史』が深く関係しています。)

[レイキの歴史についてはこちら]
5-1. 臼井式レイキの歴史・系譜図|レイキの歴史

当協会では次の5つの特徴を備えたものを、流派系統によらず『臼井式』(日本伝統式/オリジナルに近いもの)と捉えています。

(ただし、これが正確な定義というわけではなく、あくまでも一般的な定義です。)
  1. 臼井先生を創始者としていること
  2. ヒーリング能力は直接的なアチューンメントによること
  3. ある段階でシンボルを取り入れていること
  4. エネルギー伝授は対面で(遠隔でのアチューンメントは行なわない、)伝授後のフォロー体制があること
  5. 手当療法は入り口であり、精神性の向上と安心立命を真髄・目的としていること
※5.は、『日本伝統式レイキ』の主目的であり、最終到達目標ですが、現在世界中で圧倒的に普及している『西洋式レイキ』の内容からは、5.の部分がそげおちているケースがほとんどです。

※逆に『西洋式レイキ』では、もともとの『日本伝統式』に比べ、ヒーリング技法が大きく改良され、発展しました。効果効能をさらに高めるための工夫が加えられました。

[あわせてお読みください]
1-3. レイキの11大特徴|レイキを知る
A:いいえ。一概にそうとは言えません。
確かに、国内外には『ウスイレイキ』『臼井式霊気』『臼井霊気療法』『臼井直傳霊気』等、様々な名称の組織団体、ウェブサイトが存在しています。

実は海外のレイキ団体にも、ウスイレイキ(臼井式霊気、臼井霊気療法など)の名称を使用している組織は多く、これからレイキに触れてみたいと考えるかたにとっては、「臼井という名を冠しているのだから、きっと臼井氏から受け継いだ霊気療法をそのまま継承しているでは?」と推測されるのも当然のことかと思います。

先の質問の通り、現在全世界で「レイキ」と名の付くものは十中八九『臼井式』です。
つまり臼井氏から出発したレイキと言えます。

ただし100年以上の歴史の中、人々の口から口へと伝わるうちに、もともとの(100年前の)臼井式レイキ療法には新しいメソッドが付け加えられたり 工夫・改良が施され、さらには各国を経由したためにさまざまな系統・流派が生まれました。

中には、臼井氏から出発していないオリジナルなエネルギー・ヒーリングで「レイキ」という名前が付いているものも存在します。

また、『海外へ出ていない、日本伝統式・臼井式です』と謳っている団体であっても、海外式レイキのシンボルや内容を伝えている団体も存在しています。


つまりその名称からだけでは、『臼井式』なのかそうではないのか、それは本来のレイキエネルギーなのかそうではないのか、この判別は付かないのが現状です。

余談になりますが現在、海外では『レイキ』という単語が一般的なヒーリングの名称としても使われることがあるようです。

[こちらもあわせてお読みください]
1-5. ティーチャー選びのめやす|レイキを知る
A:いいえ。
レイキは鞍馬山の固有エネルギーではなく、臼井氏特有の個人エネルギーでもありません。
A:いいえ。
チベットが起源ではありません。
臼井式レイキ療法は日本発祥の伝統文化です。
A:日本式と西洋式では、主目的(到達地点)が違います。

もともとの臼井式レイキ(現在、日本伝統式と呼ばれるレイキ)は、 『心身健康のための療法』を入り口としながら、 『最終的には自己実現と安心立命に到達することを目指す』 事を主目的とした人格向上メソッドでした。

それに対し、第二次大戦中にハワイへ渡り、後に西洋式と呼ばれ90年代に日本へと戻ってきた流れのレイキは、『心身健康のための療法』の部分が大きくクローズアップされました。

そのため施術技法が熱心に研究され、改良されて発展することとなりました。
 
つまり、結果的に欧米では、創始者・臼井氏が提唱したメソッドのうち、『前半部分』のみが伝承され、「ウスイレイキ」として知られました。
そして『後半部分』の自己実現(=安心立命、悟り)に至る教えとメソッドが失われてしまいました。

ここが日本式と西洋式の最も大きな違いです。

最後にもういちど、まとめておきます。

西洋式レイキは施術方法が非常に発展し、充実しています。
(現在、レイキと聞けばヒーリング、というイメージがあるのはこのためです。)
日本式では、自己実現や人格向上を重視しています。
 そのため、自己浄化と精神統一のための日々の鍛錬法が重視されています。  (西洋式レイキの流派では、こちらの鍛錬法は消滅してしまっているところも多いです。)
日本式と西洋式では、学ぶシンボル及びマントラも違います。
 (ただし、効果の有無や優劣に差はありません。)


[あわせてお読みください]
4-1. レイキの失われた半分|さらに極める
◆ 補足:
当NPO日本レイキ協会は、「臼井式レイキを学びたかったのに、臼井式以外のエネルギー伝授を受け、受講後にその事実を知った」
または「臼井式以外のエネルギーを伝授されたという事自体に受講者が気づいていない」
さらには「実際にはアチューンメントが行われなかったのに、遠隔伝授だったために受講者本人は気づいていない」
「遠隔伝授(遠隔アチューンメント)を受講したために、アチューンメントが行われたかどうかの確認が取れない」といった被害やリスクを軽減するために、公益事業の一環として、この『レイキ辞典』サイトを作成し、一般公開しております。

※当会は指針に合致しないレイキティーチャーを否定・排斥するものではありません。
※当会は、遠隔アチューンメントを否定するものではありません。

レイキについて 中級〜上級編

各用語をクリックすると説明が表示されます。

A:レベルという意味の解釈が難しいですが、レイキエネルギーはこの世に一種類しか存在しません。

(レイキ=レイキエネルギーの事を指しています。酸素がこの世に一種類、水も火も一種類であるように、種類差はありません。)

ということはつまり、優劣・レベル以前に差異があるはずがありません。

ただ、この質問での「レイキには色々なレベルがある」 という意味が、「レイキ療法には色々なレベルがある」という意味で使われた言葉であるならば、その理解は真実でしょう。
実際、『手当て療法のコツを掴んでいるか』『手当て療法の上達度合いには差がある』という意味でならば、確かにレベルの差は存在すると言えるからです。

(※レイキマスター(ティーチャー)は『レイキ療法には色々なレベルがある』と表現して頂くようにすると、初心者のかたが惑わずに済むかと思われます。)

(※「レイキには色々なレベルがある」という表現ですと、レイキ・エネルギーには色々なレベルがある、種類差があるという意味合いになってしまうからです。)

また、別の見地から言えば、レイキマスター(ティーチャー)を名乗っていても、今までに一度もレイキ療法を実践していない、という人が存在します。 (言わばレイキのペーパードライバーのまま、レイキの指導をしている人です。)

この場合、レイキの通路に徹する(自分の念・意識を入れない・自分のエネルギーを混ぜないでレイキを流す)というコツを会得していないケースも考えられます。

このようなマスター/ティーチャーについて、「レイキには色々なレベルがある」と言われるかたもおられるかも知れません。
(「レイキの扱いに関して、色々なレベルの指導者がいる」という意味合いです。)

(この場合、何が起こっているのかと言うと、レイキマスター(ティーチャー)自身のレイキの回路は通っているのでしょうが、ラジオで言えばピタッと周波数が合っていてクリアな音が聞こえる状態ではなく、周波数が微妙に狂っていて『我』という雑音が混じる、というようなイメージをして頂くと分かりやすいでしょうか。)
A:そのレイキマスターのかたは、レイキ・エネルギーについて何らかの誤解をされておられるのではないでしょうか。

霊系という言葉の意味も、把握しかねます。

(もしもそのレイキマスター/ティーチャーが、本当に臼井式レイキを学び実践してこられたかたであるのなら、レイキ(エネルギー)に対する誤解があるか、あるいは「霊系の違いがある」と信じたい・言いたいかたなのかもしれません。)

そもそもレイキとは、宇宙に遍在している無尽蔵の普遍的な生命エネルギーであり、光の波・粒子を指しています。

レイキはこの世(宇宙)に一種類しか存在しません。

したがって、『自分の団体は、他団体とは違うエネルギーを扱っている(=受け取っている・供給元が違う)』と主張するならば、それは『レイキではない、別の種類のエネルギーを受け取っている』としなければ話のつじつまが合わなくなってしまいます。
(そうすると、レイキは普遍的なものではなく、何種類もあるという話になります。)

ただし、だからと言ってそのレイキマスターが間違っている・嘘をついている、とは決め付けることは出来ませんし、要はあなたが『レイキをどう認識するか・したいか』、そのレイキマスターの考えに『同意したいのか違和感があるのか』のほうが、むしろ重要であると思われます。

また、余談になりますが「レイキを降ろす(送る)特定の霊的集団 (存在) がいる」という説を唱えておられるレイキマスター/ティーチャーも存在します。
この場合は、『そのエネルギーはレイキではない』『その人物はレイキとは別の事をしているマスターである』と判断されればいいでしょう。
A:レイキマスター(ティーチャー)のかたには、もちろんそのかたにレイキのアチューンメント講習を行なった先生であるマスター(ティーチャー)が存在します。

それぞれのレイキマスター(ティーチャー)には当然ながら個性があり、主観や固定観念があり、物事への理解度も違い、年齢や人生経験も違うものですね。
だからこそ、どのティーチャーからレイキの講習を受けるかによって、伝えられる情報には差異が出てくるものです。

(だからと言って、悪意を持って誤った情報を伝えておられるとは限らず、誠実なかたもおられるはずです。)

我々の全てが、自己完成に向かう途中にいます。
そのためレイキの世界に限らずどのようなジャンルでも、このような問題が多少は存在することでしょう。

(だからと言って、それに甘んじるという話ではありません。レイキ指導者は、常に自己研鑽と理解を深めるための努力を行なうべきです。)

また、人間は、自分の観念のフィルターを通してしか、物事を見られない生き物です。
そして、観念を持たない人間などどこにも居ません。
(その人の生きてきた人生、個性の全ては観念から出来ているからです。)

特に目には見えないエネルギーについての事となると、客観的に表現することはさらに難しくなります。
あなたから見れば違和感を感じる考えや認識も、そのレイキティーチャーにとっては真実である場合もあるのです。

(人は、自分が思い込んだ通りに現実を見たり、現実化を引き起こす・観念の証拠集めをしてしまうものです。これは人類の誰もが無意識的にやっています。)
A:『意識波動』とは、その言葉の通り、意識の波動(状態)です。
その人の精神性の水準と状態を示す言葉です。
「意識波動を高める」「意識波動が下がる」…というような使い方をします。

(レイキの世界に限らず、日常の中でも我々は「あの人は高い意識で仕事に取り組んでいる」「あの人は意識が低い」などの表現を使いますね。この時の「意識」という言葉は、意識波動を現しています。)

我々は精神向上、人格向上により、意識波動を高める事が出来ます。
また逆に、高い意識で目の前の物事に取り組み真剣に生きていれば、結果的に精神や人格が向上します。

「レイキ・エネルギー(つまり宇宙の様々なものを生み出す根源的な生命エネルギー)は、我々の高い意識と共鳴する」と言われています。
そのため、我々の意識波動がどの水準にあるかによって、どの程度レイキ波動を受信できるか(そしてレイキの通路に徹し、エゴを交えないクリアなエネルギーを流すことが出来るのか)が決定されます。

[こちらもあわせてお読みください]
3-4. 日本伝統式の自己鍛錬法|レイキをもっと使いこなす
A:レイキエネルギーには、優劣や種類差はありません。
レイキエネルギーはこの世に一つしかありません。

けれども、たとえば波動(波形)をイメージしてみて下さい。
大きなウェーブを描く波動は、他の波形を持つ波動と共鳴・共振するまでにやや時間を要しますが、より細やかなウェーブを描く波動であれば、まるで他の波動に細かく沿うようにして振動するため、共鳴が容易なのはご想像いただけるかと思います。

このような、『より微細なレイキ波動』の事を、レイキの系統によっては『高次元のレイキ波動』と表現していることがあります。

(※ 意識波動が高い、つまり細やかで微細であるほど、穏やかでゆったりとしていて、ブレや迷い、苦しみがない安定した精神状態です。)

(逆に意識波動が低い、つまり荒いほど、怒りや苛立ち、心配、不安に精神が揺れやすく、不安定で、不調和な物事との共鳴が置きやすくなります。)

(レイキの日本伝統式自己鍛錬法を用いる事により、ご自身の意識波動を理想的な状態にもっていく事が可能です。尚、この自己鍛錬法は『日本伝統式・レイキ法』と呼ばれます。レイキ療法とは別の、『レイキ法』です。)

[こちらもあわせてお読みください]
3-4. 日本伝統式の自己鍛錬法|レイキをもっと使いこなす
A:はい、あります。
意識波動を高める方法についてですが、日本伝統式レイキには、多くの自己鍛錬法が存在します。

(尚、この自己鍛錬法は『日本伝統式・レイキ法』と呼ばれます。レイキ療法とは別の、『レイキ法』です。)

西洋式レイキでも一部、日本伝統式メソッドを伝えている系統がありますがごくわずかです。
現在、自己鍛錬法(『レイキ法』)はほぼ消滅し、ヒーリングメソッドのみを伝授している団体がほとんど(全体の99%)です。

また、レイキ療法(ヒーリング)の実践を重ねることによっても、意識波動を高める事が可能です。
(自己ヒーリング、他者ヒーリングのいずれも有効です。)

意識波動を高めるためにも、また質の高いヒーリングを行なうためにも、コツがあります。
手を当てる際に、『我』(エゴ)をいかに手放すか。ここがカギとなってきます。
つまり「私が(治す)」「私の力で・・・」「私のテクニックで」というような考えを横へ置き、とにかくレイキエネルギーの通り道(筒)に徹することです。

いかにあなた自身が、『宇宙の(愛と調和の)波動を受信し、それをただただ中継し、手のひらから流すだけのするツールになりきれるか。』 ここが、コツを会得するポイントです。

レイキ療法では、ご自分のエネルギーは一切使いません。

[こちらもあわせてお読みください]
3-4. 日本伝統式の自己鍛錬法|レイキをもっと使いこなす

※当協会は、この『失われた半分』と言われる『レイキ法』の再普及に取り組む団体です。希望者には流派系統に関わらず、どなたにも広く『日本伝統式』の教えを学んで頂けるよう、さまざまな講習会を開催しております。
NPO法人日本レイキ協会のWebサイトへ(外部サイトへ移動します)
◆ 補足:
当協会は、レイキ療法以外の方法を否定・排斥するものではありません。
生まれつき独自のパワーを活用した癒しを行なえる才能素質を持っている人や、レイキ療法以外の、自力を使ったエネルギー療法も存在します。
ここでは、『臼井式レイキ』に関する質問への回答を行なっています。

《 重要 》レイキマスター、ウェブサイトをお持ちのかたへ レイキ辞典サイト内の文章の抜粋・引用について
引用をメールで連絡する

レイキを知る
レイキを学ぶ
もっと使いこなす
さらに極める
レイキの歴史
レイキ用語辞典
Q&Aよくある質問
レイキスクール

NPO法人 日本レイキ協会 からのお知らせ

NPO法人日本レイキ協会公式サイトへのリンク
最新スケジュール
LINE@に登録
オンラインショッピング自宅学習用の教材セット
右クリック禁止・テキストのコピーはできません。引用ご希望の場合はご連絡をお願いします。